当クラブへのご質問や女の子とのコミュニケーションにご利用下さい。

投稿後は記事が反映されるまで暫くお時間が掛りますのでご了承下さい。(管理者承認制)

[ザ・スレイブ]


おなまえ 必須
Eメール
タイトル
コメント
必須
暗証キー (英数字で8文字以内)必須
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色
管理人が承認するまで、投稿は反映されません
修正の場合も同様に承認待ちになります。掲示板からは消えます。

お知らせ 投稿者:ザ・スレイブ 投稿日:2020/08/14(Fri) 19:00 No.4182   
いつも当店をご利用頂き誠にありがとうございます。

BBSのご利用に関しまして、皆様に快適にご利用いただくため、下記のいずれかに当てはまる場合、
お客様からのご投稿を掲載できないことがございます。何卒ご容赦下さいませ。

・書き込まれた内容が不適切な内容を含むと判断した場合。

・閲覧者に誤解、錯誤を与えるおそれのあるもの。

・過剰な頻度でのご投稿(※多くても週2投稿以内が目安)。


ご不便をおかけいたしますが、ご協力よろしくお願い致します

無題 投稿者:髭達磨 投稿日:2021/05/27(Thu) 12:02 No.12111   
あの日から、ちょうどひと月が経ちました。
この掲示板は、すっかり半月毎の定期便になりましたね。
美しい魔蝶に麻薬を打たれたも同じ毒蜘蛛にとって、今が一番禁断症状の辛い時です…笑。
貴女同様、あの日の情景、感覚、感情は、私も直ぐに想い浮かべる事が出来るし、それは、何時になろうとずっと鮮明なまま、決して色褪せる事はありません。
そして、先日お渡しした市販の作品が、どんなに精巧に出来ていようと、我々が創造する我々の世界を超えられるものではないと感じています。
でも、最近楽しみ方の一環として利用しているのは、貴女と同じ情景を同時に二人で想像し、妄想を広げる試みです。
あれらの作品の登場人物を我々に置き換え、毒蜘蛛がその責めの数々を魔蝶に与えるところを想像し、そして魔蝶が毒蜘蛛に向ける儚い視線を思い浮かべて妄想を広げるのです。
そして更には、もしかしたら今頃魔蝶も同じ事をして同じ妄想に浸ってはいまいか等と勝手に考えて、益々妄想を巡らすのです。
もはや病気いや薬中かも知れない…笑。
これから鬱陶しい梅雨に入りますが、梅雨が明けたら飛んで行く積もりです。
追伸
貴女が動揺した時に小刻みに足踏みする可愛い動作を思い浮かべています。
そんな私も、ピョンピョン跳ねたけど…笑。

髭達磨 様 - みずほ 2021/05/27(Thu) 21:35 No.12125

髭達磨 様

あの日からもうすぐひと月...そんな事を想いながら
丁度ひと月のタイミングで届くのではと密かに楽しみにしていたお便り。
逢瀬の記憶を普段よりも深く想い起こす事ができるお便りを
変わらずいただける事大変嬉しく想っております。

先日から市販の作品の鑑賞に移行しましたがまさに同じ様に
登場人物に互いを重ね合わせ想像をして見ていて...
私たちならばここでもう少し余韻を楽しむなぁ。
ここではもっともっと追い込まれる事を自ら期待してしまいそう...
そしてちゃんと叶えてくださるのだろうなぁ。
そんな風に目の前の映像と妄想と想像で頭フル回転で鑑賞しております。
もちろん片手も欲のままフル回転で...(恥)
次回へと高まる気持ちと身体は何処まで昇ってしまうのか...
お逢いした時に目一杯に受け止めてくださると嬉しいです。

鬱陶しい梅雨...湿度がまとわりつき1番過ごしにくい季節のように感じます。
それでも雨音が好きな私。
雨音は淫靡な匂いと妖艶な雰囲気を含んでいるようにいつも想うのです。。
濡れる・汚される事が好きな私の感性が刺激される梅雨。
雨が多ければ多いほどに私の妄想は止まる事を知らずに
どんどん膨れていくのかもしれません。
そう想うと梅雨明けお会い出来る日まで雨が降れば降るほどに
濃厚な私になるかもしれませんので梅雨をそんな風に楽しみつつ
乗り越えてくださると嬉しく想います。
雨上がり2人の想いが夏を上回るほどの暑さ(熱さ)で溶け合う日を
心から楽しみにしております☆

追伸
あら?そんな姿見せていましたっけ?笑
一緒にピョンピョン跳ねたのは覚えています☆
想い出すと...ちょっと可愛かったです(笑)


無題 投稿者:髭達磨 投稿日:2021/05/10(Mon) 11:09 No.11588   
夢の様な逢瀬から、早2週間が過ぎました。
何時もは、気持ちの高揚の為利用して来た掲示板ですが、今回は、次の逢瀬迄期間が空いて仕舞うので、あまり高めると返って辛くなると思い、少し控えようかと試みましたが、僅か2週間が限界だった様です…笑。その間、撮影した映像を毎夜鑑賞しては余韻に浸り、まだまだ遠い次の逢瀬に向けて、気持ち作りに勤しみ、更に変態性を高まらせています。
貴女の身体から、あの日の余韻はもう消えましたか?。
次の、プレゼントの鑑賞の方へ移行しましたか?。
今回の貴女から、『あなたの望む私を差し出したい。』の言葉通りの並々ならぬ覚悟で私に向き合ってくれているのがひしひしと伝わって来て、それが堪らなく愛おしく思えると共に、現実に、私が望む通りに貴女が応えようとしてくれた事、
もう、感動しかありません。感謝感謝です。
しかし、ここに来て私には、一抹の不安が過るのです。
私の描く世界が表現出来た時、貴女はそれに大いなる満足感と共に歓びや幸福感を共有してくれる事でしょう。でも一方で、貴女が『もっと痛みを…もっと苦しみを…まだまだ…』と更なる先を願い、無間地獄にさえ踏み込もうと覚悟してくれた気持ちが、満たされ、変化してしまうのかな?と。
もしかしたら、互いが目指した高みにはずっと達する事が出来ずに、次回は、今度は、と思いつつ、妄想を益々膨らませている時が良いのかも知れない。
これからも私は、貴女に痛みを与え、苦しめながら、本当は、鞭の一打一打に、貴女を愛おしく思う心を込め、共に歓び、共に充実感を感じ続ける事を念頭に、素晴らしい人間関係を築いて行ける様努力する事を誓います。
美天使 魔蝶みずほ様

髭達磨 様 - みずほ 2021/05/10(Mon) 15:38 No.11596

髭達磨 様

濃厚に濃密にひたすらに互いを求め合い「火の鳥」に相応しく
ともに汗だく(汗だけじゃないけれど)となったあの日から2週間...。
余韻はすっかり消えてしまい寂しさを感じる身体となりましたが
鑑賞にまだ移行していないのは余韻に頼らずともあの日を想い出せるから。
私が全く予想していなかった最後の「甘」が流れをまとめあげ
本当にフルコースで食べ尽くされたなぁ..と改めて感じております。

ひたすらに泣き叫び感情を露わにする事しか出来ない私ですが
それでも想いを伝えたいという覚悟のもとに自分を晒け出しつつ
想いを余す事なく感じとり幸福感に包まれた大切な時間。
目一杯に想いをぶつけながらもひとつも逃さず
私の全てを見て感じてくださる事、本当に感謝しております。

描く世界が表現できた時、それは互いに満たされる事と想います。
幸福感に包まれ歓びを感じて。そこで全て満たされ満足と感じるのか...
これまでの時間から思うに妄想を益々膨らませる事になるのではと想うのです。
確かに描く世界が表現されると一度は満たされるのでしょうが
そこからまた目指す高みの形や理想を変化させながら
2人の世界が更に広がっていくのでは...そんな気がしております。

これからも与えられる痛み苦しみ、責めの一つ一つから想いを感じとりながら
『大切に大切に壊されたい』そんな事を想う蝶です。


無題 投稿者:髭達磨 投稿日:2021/04/20(Tue) 09:17 No.10959   
いよいよ、待ち焦がれた逢瀬迄の日々も、
後1週間程を数えるばかりのところ迄、辿り着きました。
最近では、仕事中以外、布団の中は勿論の事。車中等にあっても、
魔蝶をどの様に調理して喰うか…。
甘辛?、それとも激辛?
いやいや、超激辛の責めで悲鳴&絶叫を…等々。
そればかり考えて日々を過ごしております。(笑)
魔蝶の身体的限界と、その心が求める果てしない願望との間に存在する、
踏み込む事が非常に難しい空間。
でも、その空間の中にこそ真の歓び、幸福がある事だけは確実。
その微妙な隙間を正確に見極め、真の限界を決して超えて仕舞う事無しに、
然し乍ら、蝶と毒蜘蛛が共に充分に満たされる世界を追求して行きたい。
魔蝶の痛み、苦しみ、そして歓び…。
それらを、自らの痛み、苦しみに置き換え、
我が事として捉え、そして自らも満たされて行く…。
そんな世界を構築出来れば、これに勝る歓びは有りません。
SMは、そんな相反するふたつの心(苦、歓)が、
何処かでひとつに融合する事を可能にする、
唯一無二の、素晴らしい、そして高尚な心理世界であると思います。
未だ未だ未熟で、理屈ばかりが先行する、本当は単なる変態の私かも知れませんが、何時の日か、そんな高みに達せられたら、どんな素晴らしい景色が待っている事か…。
どうか、宜しくお付き合い下さい。
追伸、前回の衣裳、ピタッとしたワンピースと黒のミニスカート、
全く同じ物を持って来て下さい。
私の美隷女。  美しい魔蝶みずほ様

髭達磨 様 - みずほ 2021/04/20(Tue) 19:59 No.10974

髭達磨 様

逢瀬まであと1週間...え、まだ1週間も?...。。
その日までのカウントダウンに妄想を膨らませ誤魔化してみても身体は正直。
余計に長い辛い「待て」を言い渡されているような感覚です。

蝶はどんな調理をされてしまうのでしょう...煮るなり焼くなりお好きな様に..
けれどそんな単純な調理では済まない事もわかっております。
お好みの味付けでどうか食べ残す事なく平らげて下さい。

「蝶と毒蜘蛛が共に充分に満たされる世界を追求して行きたい」
私も同じ想いです。互いが互いを認め尊重し合いながら
真剣に相手と向き合うSMという行為は目的ではなく手段であると考えます。
信頼関係が増せば増すほどに「その空間」には踏み込みやすくなり
言葉数少なくとも相手の心を感じる事が出来る様になるものだと。。
唯一無二の他人には理解されない世界。互いの心模様を探り晒し合いながら
2人の2人でしか達せない高みに辿り着く事ができたらと想います。


追伸...前回の衣装お持ちしますね☆他にも何かないかしら?と
夏日に近い気候に早々と衣替えしつつ探してみたいと思います。
お気に召すものがあるとよいのですが。。


無題 投稿者:髭達磨 投稿日:2021/04/13(Tue) 14:05 No.10749   
『次回の逢瀬は夏頃になってしまうかも知れない…』
先日、確かにそう言って別れた気がする。
それが、急に時間が出来た途端、やはり堪らず予約を入れて仕舞った毒蜘蛛。
今迄、自分が蝶を身動き出来ない程に縛り上げ、思い通りに責めている積もりだったが…。
もしかしたら、すっかり蝶の魅力いや魔力にしてやられ、見事に縛られて仕舞ったのは、寧ろ毒蜘蛛の方なのかも知れない。
正にその魔力により、底なし沼に引きずり込まれた毒蜘蛛。
毎夜、蝶とのめくるめく愛欲の日々に思いを馳せ、様々な加虐の数々に思いを巡らせ
その魅力(魔力)から逃れられなくなっているのです。
その毒蜘蛛に残された道はただ一つ、魔女狩りならぬ魔蝶狩りにより、捕らえた美隷蝶に厳しいお仕置きを…いや、無間地獄を味わって貰うのみ…笑。
さて、毒蜘蛛と魔蝶の運命は…?。

髭達磨 様 - みずほ 2021/04/14(Wed) 00:01 No.10762

髭達磨 様

蝶は毒蜘蛛の前では無力な存在であると想っております。
それなのに無意識に底なし沼に引きずり込んでいる...と?
そんな自覚は全くないのですが、それならばもっと深く深く
底の見えない沼にお連れしなければ...もちろん共に堕ちてゆく覚悟の上。。

毎夜巡らせている様々な加虐をどれほど受ける事が出来るのだろうかと
少しの不安を抱きながらも魔蝶狩りにより「無間地獄」で
苦しみ悶え泣き叫ぶ自らを想像してしまいます。
自分の想う想像を遥かに超えるであろうその日を心から楽しみにしつつ
更にさらに想いを高めてまいります。

毒蜘蛛と魔蝶の運命はあの空間のみが知る所。
今回は大きな蜘蛛の巣に導かれる事を祈りつつ。。
夢のような時間までまだあともう少し...。


[1] [2] [3]

処理 記事No 暗証キー

[ザ・スレイブ]

- Joyful Note edit UBE -